食と農に関するお悩み相談

パプアニューギニアから帰国しFARMERS CAFE TOKYO 神田店をオープンし1年が経ちました。内外装工事から焙煎、メニュー、スイーツ開発とあっという間の1年でした。今ではカフェも安定し、一緒に働くメンバーも増え、今後は少しずつ本業(農)に関われる時間が出来ました。FARMERS CAFE TOKYOをベースに皆さんの食と農に関する相談を30年の国内外の経験からお応え出来れば、お役に立てれば幸いです。

農業相談Cafe〜お客様の心配ごと

70%以上お客様が女性が多い神田FARMERS CAFE TOKYOの店頭で仕事をしてる時、食べ物に含まれる可能性のある、添加物、重金属、残留農薬など、心配され質問を受ける事が多いです。 その土地に含まれている場合など重金属、田んぼ畑など生産現場では残留農薬、加工流通では添加物と、子育て世代は特に心配される方が多いです。私達生産者から直接消費者の皆さんに食べて頂ける事、説明出来る事は通常の農家では中々あり得ない事ですが、私達農家がカフェを経営する事でダイレクトに答えられ、心配事は解消出来ます。 自信を持って農業生産が出来る幸せ、安心して食し「美味しいかったよ〜』と言って頂ける事が私達生産者が求める本当の喜びですね。

『有機農産物』表示できる農薬

有機農法、オーガニック食品と聞くと大抵の人は無農薬のイメージを持つと思います。しかし、日本の有機JAS認定に認定された農薬が存在します。天然由来の成分や鉱物、微生物、天敵、フェロモンなど最近では登録農薬も増え農薬が使える様になりました。オーガニック市場が拡大する中、オーガニック生産者が安定生産する為にも需要があるからです。過去を振り返ると、大量に美味しい(食べ易い)同じ形の野菜を生産する為にF1品種を種苗会社などが開発し世界中の生産は増えて来た一方で、化学肥料や農薬の量も増え、それらの化学物質が原因となる公害、身体に不調を訴える人、アレルギーなど問題も多々ありました。70億以上に膨れ上がった地球の人口を養って来た化学肥料と農薬は主に化石燃料(石油)から作られます。今後更に進化するオーガニック的?!な農薬や肥料に前回の記事でも取り上げた『大麻』も加わるかと思います。それは持続可能な石油の代替えになり、大麻を栽培する事で無肥料でも畑の地力も上がるからです。健康な畑では植物の病気も減り必然に農薬使用量も減ります。

最後にふと気付いたのですが、戦後強制される前までの日本は昔からある在来品種継承し、日本の伝統神事に必要な麻栽培を続けていた日本人はECOでオーガニックな人種だったんだな〜。

世界は解禁ブーム 日本も大麻解禁になるのか⁈

先進国で構成されるG7の内、カナダが昨年10月に大麻が合法化されました。カナダでは国民のマリファナ(大麻草に含まれる成分THCが多いもの、一方日本の大麻品種のトチギシロはTHC成分が殆ど無いとされている)などの経験率が4割を超えて取り締まれなくなり、よって法による管理下の元、秩序を取り戻しながら未成年者の使用をや犯罪を防ぎ犯罪組織に流れも断ち、そして税収を増やすことが国家としての方向であり目的になるかと思います。
一方、東京オリンピック目前この様な世界の変化には国家として対策がまだ話し合いも無いまま、外国人選手や関係者の方々の中で医師から治療目的で処方された大麻を持ち込むことに対してどう対処するのでしょうか。海外の国々では癲癇(てんかん)やアルツハイマー、緑内障、癌やリュウマチなど関節痛など痛み止めなどとして大麻(特にCBDカンナビノイド成分)有効とされ、ヨーロッパ諸国や先進国を含む国々では医療目的の使用など合法化に進んでいます。同じアジアのお隣の韓国の話では、世界の流れに沿って医療用大麻が合法化されたとか、タイでも法案に賛成する議員が多くいるとか、マレーシアも追従の雰囲気です。
ヨーロッパ諸国オランダ、スペインなどはコカインなどハードドラックなど常習生の強い薬物や、アルコール使用による犯罪より、大麻関連の犯罪件数が少ない事など個人使用目的嗜好品として認められる様に成って来ました。

日本の神事では昔から必要とされ、日本人の生活と密接なる大麻草ですが、第二次大戦後GHQの指導の元、麻薬のカテゴリーに分類されて以降、私も含む現代の日本人には麻薬=中毒=犯罪 様なイメージがあると思います。日本では栽培免許を持つ大麻栽培者方々が日本の伝統的な神事、花火などの材料や原料の供給にと許可を受けて栽培されています。新規で栽培免許取得される方もありますが、日本はまだまだ海外の生産量とは比べ物にならない程です。近年見直されている大麻ですがメルセデスベンツなど内装材に使用されるなど、海外ではチョットした「大麻ビジネス」ブーム。石油の代わりになると云われ再生可能なエネルギーの大麻草をアメリカの試算では北米大陸の6%で栽培した場合、アメリカのエネルギー問題は全て解決するとも云われています。今後の世界の動きとそれに対する日本にはどの様な影響を与えるのか?日本の方向は?農業関係者として大麻解禁の動きは見流せません。

カラダは半年前の食べ物で出来ている

皆さんの身体は食べ物から出来てます。みなさんの身体は約60兆個の細胞でできていて、その細胞の材料が食べたものです。細胞が入れ替わるスピードは、粘膜系で2、3日。骨とかだと1年くらい、平均して約半年で細胞が入れ替わります。つまり半年前に摂取した食べ物でいまの身体はできているのです。いま体調が悪いとすれば、半年前に何を食べいたか?日記など振り返ってみるもの良いかもしれません。

そして例えば動物だと…。
動物でフラミンゴは…タニシの卵を食べてるので、羽毛が赤く染まる。
鮭は…沖合ではオキアミ、エビ🦐食べているのでサーモンピンク。
ニワトリは…トウモロコシ(コーン🌽)を食べて卵が黄色🍳。

人間も食べ物により何が変わるのか?
出来る事なら添加物など極力摂らずに日々過ごしたいですね。

農地購入は農家の特権

農地は宅地と異なる規制があります。まず農地が宅地と異なるのは、当事者間の契約だけでは所有権を移転させることができないという点です。地域の農業委員会の許可が必要になり、許可が下りないと所有権の移転が出来ないのです。

〜農地法第3条第1項本文〜
農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。(以下省略)

更に付け加えると原則として農地を取得する者は、少なくとも下記の条件を満たさなければ3条許可を受けることはできません。

農地法3条2項

  • 効率的に利用して耕作等の事業を行うと認められること(1号)
  • 耕作等の事業に必要な農作業に常時従事すると認められること(4号)

つまり、農業をしない者は農地を取得することができないということを表しています。

相続、遺贈、時効の例外もありますが、通常「農家で無ければ農地は買えない」のです。日本の農地の所有は農家だけにある特権なんですね。

コーヒーについて〜アラビカ編〜

コーヒーの三大品種と云われる、ロブスタ種、リベリカ種、アラビカ種。全て海外で焙煎していた日本人は少ないかと思います。解らないままロブスタから始まりリベリカ、日本で好まれるアラビカまで18年間海外でコーヒーに関わって来ました。日本のお客様に美味しいと云われるコーヒーはアラビカです。その中でもレギュラーコーヒーを提供する事です。海外ではそれぞれ日本と飲み方好みが違うからです。そして一番大事な事が2つあります。それは良い「生豆」と「鮮度」です。良い生豆で80%、そして焙煎後の鮮度が20%。両方良ければ美味しいコーヒーを100%提供出来るでしょう。パプアニューギニアのコーヒーポテンシャルは高いですがとても入手がとても困難です。実はFARMERS CAFE TOKYOで提供しているミリンベイはジャマイカのアラビカTipicaであの高価なブルーマウンテンと同じです。ゴロカ産のブルボンは毎年パプアでトップ3以内にランキングします。そして私達は毎日未熟豆や欠点豆を焙煎前後でチェックし手選別する事で更に美味しいコーヒーを提供しています。