「タネと内臓」吉田太郎 著を読んで


今年のGW明けに仕事の関係で徳島県の阿波踊り空港(凄いネーミング)に到着後すぐ電話が鳴り、キューバ農業視察で大変お世話になった吉田太郎先生からの着信でした。突然でまた懐かしく嬉しく話し、その夜も旅先のホテルから私の近況報告などメールさせて頂きました。ご丁寧に送信後直ぐご丁寧に返信があり、吉田先生はしばらく体調を崩されていた事、にも関わらず精力的にご自身の病気と食の関連について「タネと内臓」の本を出版されたとの事でした。
私は直ぐに出張先で本を注文し、昨日やっと(私は読書と同時にネットで調べながら読書する人なので時間が掛かります)読み終えたので忘れないうちにまとめて感想文を書く事にしました。


本書は私にとっても「ホモ・サピエンス全史」の次に読む本として偶然にも関連があり、現代の食生活、過去の人々の腸内細菌の違い、栄養素も微生物が作り出す肥満やアレルギーや病気も微生物が関連してる事例、GM食品と種子の問題を通じ、まるで「植物の根は人間の腸なんだ〜」と気付かされます。そして吉田太郎氏が薦めるアグロエコロジーについて書かれて殆どのページが赤っかにマーカーだらけになる程、食と農業に関係する者として参考になりました。色々な文献も参照され調べられて、食や農業や健康について更に広く研究された一冊だと思いました。
私は過去北海道で大規模機械化農業を進めて来ましたがその頃に抱いた日本の農業の疑問を吉田太郎先生の多数の本書(特にキューバの有機農業や国の在り方)で学び、吉田太郎先生のご紹介で実際にキューバへ行き有機農業とアグロエコロジーについて実際の目で見て生きる為の有機農業に触れて、時代の移り変わりや農業者へ求めるモノ、農業の変化と時代と共に移り変わる様、しかし従来の百姓、小規模農家の大切さなどを学びました。何時も農業者の興味のある内容の本を出筆されています。そして本書は現代の食と農業と健康についてのトレンドが書かれていると思います。以上ザックリと書きました。詳しくは本書をお読みください。

早稲田大学キャンパスにて

水野南北氏の食について、ユヴァル・ノア・ハラリ氏のホモ・サピエンスと農耕文明の歩みと現代の病や原因。カフェの本棚に並べてます。
食と農業と健康にご興味のある方は是非読んでみてください。
貴方の疑問や悩みに必ず納得、発見やヒントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です