『有機農産物』表示できる農薬


有機農法、オーガニック食品と聞くと大抵の人は無農薬のイメージを持つと思います。しかし、日本の有機JAS認定に認定された農薬が存在します。天然由来の成分や鉱物、微生物、天敵、フェロモンなど最近では登録農薬も増え農薬が使える様になりました。オーガニック市場が拡大する中、オーガニック生産者が安定生産する為にも需要があるからです。過去を振り返ると、大量に美味しい(食べ易い)同じ形の野菜を生産する為にF1品種を種苗会社などが開発し世界中の生産は増えて来た一方で、化学肥料や農薬の量も増え、それらの化学物質が原因となる公害、身体に不調を訴える人、アレルギーなど問題も多々ありました。70億以上に膨れ上がった地球の人口を養って来た化学肥料と農薬は主に化石燃料(石油)から作られます。今後更に進化するオーガニック的?!な農薬や肥料に前回の記事でも取り上げた『大麻』も加わるかと思います。それは持続可能な石油の代替えになり、大麻を栽培する事で無肥料でも畑の地力も上がるからです。健康な畑では植物の病気も減り必然に農薬使用量も減ります。

最後にふと気付いたのですが、戦後強制される前までの日本は昔からある在来品種継承し、日本の伝統神事に必要な麻栽培を続けていた日本人はECOでオーガニックな人種だったんだな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です