コーヒーについて〜アラビカ編〜


コーヒーの三大品種と云われる、ロブスタ種、リベリカ種、アラビカ種。全て海外で焙煎していた日本人は少ないかと思います。解らないままロブスタから始まりリベリカ、日本で好まれるアラビカまで18年間海外でコーヒーに関わって来ました。日本のお客様に美味しいと云われるコーヒーはアラビカです。その中でもレギュラーコーヒーを提供する事です。海外ではそれぞれ日本と飲み方好みが違うからです。そして一番大事な事が2つあります。それは良い「生豆」と「鮮度」です。良い生豆で80%、そして焙煎後の鮮度が20%。両方良ければ美味しいコーヒーを100%提供出来るでしょう。パプアニューギニアのコーヒーポテンシャルは高いですがとても入手がとても困難です。実はFARMERS CAFE TOKYOで提供しているミリンベイはジャマイカのアラビカTipicaであの高価なブルーマウンテンと同じです。ゴロカ産のブルボンは毎年パプアでトップ3以内にランキングします。そして私達は毎日未熟豆や欠点豆を焙煎前後でチェックし手選別する事で更に美味しいコーヒーを提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です