農地購入は農家の特権


農地は宅地と異なる規制があります。まず農地が宅地と異なるのは、当事者間の契約だけでは所有権を移転させることができないという点です。地域の農業委員会の許可が必要になり、許可が下りないと所有権の移転が出来ないのです。

〜農地法第3条第1項本文〜
農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。(以下省略)

更に付け加えると原則として農地を取得する者は、少なくとも下記の条件を満たさなければ3条許可を受けることはできません。

農地法3条2項

  • 効率的に利用して耕作等の事業を行うと認められること(1号)
  • 耕作等の事業に必要な農作業に常時従事すると認められること(4号)

つまり、農業をしない者は農地を取得することができないということを表しています。

相続、遺贈、時効の例外もありますが、通常「農家で無ければ農地は買えない」のです。日本の農地の所有は農家だけにある特権なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です