農業をするとお金が貰える!?


若い(50歳未満)の日本人なら、農業を始める事で最大150万円を5年間国から貰えます。昨今の後継者不足に悩む農水省の打開策として〜農業を始めるだけで所得を補償〜される支援事業があります。ありがたいですね。更に農業を学びたい方は更に2年プラスされ支給されます。                                ご実家が農業で都会で学生してる方、進路としても検討されても良いのではないでしょうか?

その他農業漁業林業、一次産業の補助金など調べると結構あります。         一次産業について知らない方が多いので実際予算は余っているらしいです。      農業と林業の補助金については別の機会で詳しく取り上げる予定です。

それでは、                                   「農業をするとお金がもらえる!?」詳しく以下。                 

〜農業次世代人材投資資金とは〜

・準備型

都道府県が認める道府県の農業大学校等の研修機関等で研修を受ける就農希望者に、最長2年間、 年間最大150万円を交付します。

交付対象者の主な要件(すべて満たす必要があります)

就農予定時の年齢が、原則50歳未満であり、次世代を担う農業者となることについての強い意欲を有していること
独立・自営就農または雇用就農を目指すこと
親元就農を目指す者については、研修終了後5年以内に経営を継承するか又は農業法人の共同経営者になること
都道府県等が認めた研修機関等で概ね1年以上(1年につき概ね1,200時間以上)研修すること
常勤の雇用契約を締結していないこと
生活保護、求職者支援制度など、生活費を支給する国の他の事業と重複受給でないこと
原則として青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること

〜農水省HPより抜粋                               http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/roudou.html

色々な制約、不正した場合は返還しなければならない事もあります。         もし農業に興味がある方、始めたい方はその都道府県の農政課、市町村の農業委員会へ直接問い合わせて下さい。

(注)以下の場合は返還の対象となります

・適切な研修を行っていない場合
交付主体が、研修計画に則して必要な技能を習得することができないと判断した場合
研修終了後
1年以内に原則50歳未満で独立・自営就農又は雇用就農しなかった場合
準備型の交付を受けた研修の終了後、更に研修を続ける場合(原則2年以内で準備型の対象となる研修に準ずるもの)は、その研修終了後
交付期間の1.5倍(最低2年間)の期間、独立・自営就農又は雇用就農を継続しない場合
親元就農者について、就農後5年以内に経営継承しなかった場合又は農業法人の共同経営者にならなかった場合
独立・自営就農者について、就農後5年以内に認定農業者又は認定新規就農者にならなかった場合
(注1)交付対象者の特例
国内での2年の研修に加え、将来の営農ビジョンとの関連性が認められて、海外研修を行う場合は交付期間を1年延長する

〜農水省HPより抜粋                               http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/roudou.html

※注意 都道府県、市町村により内容が異なる事もあります。                詳細はご自身で関係省庁役場へお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です