農業技術特許申請中


昨年末から頭の中にあるアイデアを一つ形にしようと、神田カフェから近い弁理士会社へ特許申請の手続きを依頼、人生で初めて特許申請を行った。農業を行う上で困る事、あったら便利なモノは出来る範囲で自作して来たが、特許申請のプロにお願いし作ろうと思ったのは初めての事。

申請後結構な時間や費用が掛かるらしく、そして人に話してはいけないとも云われ、プチ自慢も出来ず、令和2年の1月は悶々とした日々を過ごした。又、強いエビデンスに実証データも必要との事。実証試験を行う為今年は頻繁に田畑へ足を運ぶ必要がある。機械装置の準備、改良、データの収集などなど、特許は申請すれば終わりぐらいに簡単に考えていたがそんな甘いものではないらしい。まだまだ頭の中に色々なアイデアはあるが、お金も時間も掛かるこの作業は個人で続けるのは余程の情熱が必要で自分には無理だろう。 「信頼の置けるパートナー誰かと」出来ればそう願いたい。農業界隈で誰もが知ってる便利な技術。2020年そうなる事を楽しみに思い描きながら今年はどんな年になるか。人の役に立つモノになるのか?今年一年も楽しんでいきたい。

特許申請や農業技術、農業機械についてご質問、ご相談承ります。agoto@farmers cafe.jp 又JR神田駅から徒歩3分、FARMERS CAFE TOKYOへ!

One Reply to “農業技術特許申請中”

  1. 写真はPNG在住時代に制作したココナツ削り機。ただモーターを付け電動にしただけだったが、手作業と比較して1日60〜100倍に能率が上がったらしい。作業時間中腰が痛いので何か考えて作って欲しいと云われたが限られた予算ではこれが限界だよね。

GTO にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です