Youtube始めました

海外で撮影した過去の動画などをYouTubeにupして行こうと思います。気に入って頂けたらチャンネル登録お願いします。今回は南米の水稲直播の動画です。

コロナウイルスの影響で思う

コロナの影響で流石に東京で出会う外国人が少なくなった。3月に入り日本政府も学校を臨時休校にしたり、各企業もそれにならい在宅、テレワークになって今週から人出が減っている様に感じる。私自身もバングラデシュの定期的な出張が延期された。

私は本来農家なので土を触る仕事。堆肥撒きする時なんかは口の中に入ったりして不衛生きまわりない。腸内細菌が豊富?有用微生物群のバランスが良い(笑)のか、海外の不衛生な食事でも食当たりも一度も無い。

一方大多数の現代人は風邪くらいで抗生物質飲んだり、オフィスの前にアルコール消毒、マスク、消臭スプレーなど多用してるせいか細菌などに対する免疫力が低いのではないだろうか?

衛生面もよろしく無い一般的に途上国と云われる国々の方がパンデミック的な広がりは少ない。過剰な程の衛生管理、消毒は飲食店は別として個人レベルの免疫力、抗体を作る機能など低下していると思うのは私だけだろうか。

農業技術特許申請中

昨年末から頭の中にあるアイデアを一つ形にしようと、神田カフェから近い弁理士会社へ特許申請の手続きを依頼、人生で初めて特許申請を行った。農業を行う上で困る事、あったら便利なモノは出来る範囲で自作して来たが、特許申請のプロにお願いし作ろうと思ったのは初めての事。

申請後結構な時間や費用が掛かるらしく、そして人に話してはいけないとも云われ、プチ自慢も出来ず、令和2年の1月は悶々とした日々を過ごした。又、強いエビデンスに実証データも必要との事。実証試験を行う為今年は頻繁に田畑へ足を運ぶ必要がある。機械装置の準備、改良、データの収集などなど、特許は申請すれば終わりぐらいに簡単に考えていたがそんな甘いものではないらしい。まだまだ頭の中に色々なアイデアはあるが、お金も時間も掛かるこの作業は個人で続けるのは余程の情熱が必要で自分には無理だろう。 「信頼の置けるパートナー誰かと」出来ればそう願いたい。農業界隈で誰もが知ってる便利な技術。2020年そうなる事を楽しみに思い描きながら今年はどんな年になるか。人の役に立つモノになるのか?今年一年も楽しんでいきたい。

特許申請や農業技術、農業機械についてご質問、ご相談承ります。agoto@farmers cafe.jp 又JR神田駅から徒歩3分、FARMERS CAFE TOKYOへ!

高い技術は必要?ドローンそれは農家が欲しいモノか?

ドローンの実用化について、各社の技術力の高さの競い合いは本来の農業者が欲しいモノから離れている気がする。開発者は農家の声を聞いているのか?       

実は先日ドローンの農業技術の実用化について特許申請を行った。

それは有機農産物の生産でかなりの労力と農薬の削減、又はゼロになる技術である。他にもアイデアはあるが、IT企業の農業参入、ドローンブームが農業者目線からかけ離れている現状と、最近の有機農産物の生産、特に水稲栽培について生産者の相談が多く寄せられていたから稲作から始めてみたのである。

通常農家と開発技術者が意見交換をする機会はほとんどない。

幸い私は過去に某有名機械メーカーの方々と30〜1時間程の意見交換で開発したトラクターがあり、現在もかなりの台数を販売している。
私達の北海道の圃場は傾斜地であり、真っ直ぐ走る事は難しい。
植え付け時にドリフトしながら真っ直ぐ走る事は、除草作業、収穫作業も機械化するカギでありかなりのスキルが要求される。
現在はGPS利用した自動操舵が2〜3センチの誤差で制御出来る様になり、初心者でも乗ってるだけ、又は無人で制御出来る時代になりつつある。

農業後継者が減り続ける中、農業現場の声を聞きながらハイテク機器を開発する企業や、機械の需要は伸びていくだろう。もっと現場の声を形に出来る、農家と一緒に農家の悩みを解決する企業の参加が増えて欲しい。

スマート農業Ⅱ 平成から令和へ

私の農業生産が主だった昭和から平成は農業機械を使用する立場でした。主な機械類としては、プランター、除草機、ハーベスターなどの乗用農業機械です。令和になって過去30年を振り返り、機械類の(特にアグリテックマシーン)進化、農業機械について雑感を少し書きたいと思います。

今「アグリテック」と云われる機械装置が市販化されて来てます。
又農業者の知恵や勘がビッグデータとして蓄積され、無人で作業する時代に入り、IT企業などの参入、異業種の農業参入も増え(その一部では)盛り上がってます。農業分野のIT化や進化が特に農業現場に遅れがあるからと思います。

有人から無人へ。24時間営業。

農家が寝ている間でも機械、ロボットが無人で働く、遠隔操作でコンピュータ(AI)が自ら判断し作業する未来。「令和」からその様な時代になります。

今後私はこれからの農業に必要なそれらのモノを作る側に関わることになりますが、参入する企業側と農業者側の双方が得(徳)になる様その方向へ導くことが、人生後半の役割と思ってます。

身体を酷使する農業、仮に1日あたり労働時間が8時間として機械が24時間休まず働くなら3倍の効率となり、人間は単純労働に充てて一人当り4倍の作業効率となります。   熟練技術の継承、後継者不足問題、過酷な重労働の解消に「アグリテック」が更に進化して行くでしょう。

良い意味でも悪い意味でも農業革命後、爆発的に人口増え続けている地球にこれからも人間が住み続ける以上、効率良く農業生産を増やして行かなければなりません。

’’アグリテック’’意味 〜goo辞書より抜粋〜

IT(情報技術)の導入によって実現される革新的な農業。また、それに関連するビジネスやサービス。ドローンや自動運転農機の利用のほか、ビッグデータ人工知能を駆使して生産管理・収量予測などを行う試みなどがある。アグテック。スマート農業。

「貴方の農業」そのままで続きますか?

農業。有機農業。自然農法。半農半漁、農福連携、ノマドライフ、魅力的な農業のスタイルが沢山種類分類が増えました。
農薬使わないから、化学肥料使わないから、安心安全か?へ脱線しない様、それについては別の機会に書くとして今回は「長く続けられる農業について」一緒に考えてみたいと思います。
趣味の延長で農業されている方、定年後年金受給されながら農業されている方は関係ありませんので始めにお伝えしておきます。
本気で農業したくて初めた方、開業資金を借りたり、食べるのがやっとで農閑期に派遣やバイトして何とか食い繫いで真剣に悩んでる(特に若い世代)方へ書きたいと思います。メインは農業の経済の話です。

   ご先祖様や親から引き続ぎ農業経営しても赤字倒産する農家も大勢います。   ですから新規就農者がキチッと利益を出し経営を軌道に乗せることは並大抵ではありません。他の業種でも独立開業後3年以上続けられる方は1割と聞きますし、農業は自然や相場が相手、生き物相手ですから更に難しい業種と思います。              農業の仕事内容も(百姓だけに100通り、それ以上あるのでは?)先ずは経営者でありそして簿記会計も、事務、運搬、栽培、大工、鍛冶屋、営業、マーケティング知識や、基本的な作物を育てる知識は当たり前、土壌学、気象学、市場相場も、肥料や農薬や病害虫の知識、経済活動なので燃料光熱費の節約で為替や石油相場も気になります。

要は農業はやる事が多く、私は「ひとりでやろうはバカやろう」と思ってます。    出来れば家族の協力、いや必ず①家族の協力(出来れば③友人やより強い ②同じ志の仲間)が有ると全然違います。貴方の理想とする成功への近道です。壁にぶち当たった時など相談出来る仲間、何でも話せる人は必要です。

次に、仮に家族の協力が有るとして、
農業経験が少ない場合、(家族や仲間や友人)全員が農家だけで生計を立てるのは危険です。週7日(基本生き物相手に休日は無い。でも雨の日は身体をなるべく休めるし農閑期は最高です。農業は自由業) は休まず働くので、長い目で家族や仲間の農業ライフプランを立て、不安定な農業生産プラス、自分や家族や仲間の安定した給与収入、不労収入、権利収入を大事にしましょう。少し心に余裕が生まれます。
若くして資産を築き早期リタイアされた方は良いです。伸び伸びやってる方々が多いです。笑顔だから幸運の神様も仲良くしてくれます                  さて本題です。   先立つモノ(金)は必要です。                        お金が無い苦労はホントに身に染みます。                     収支計画は「収入七掛、支出十二掛」で計画して下さい。              営農計画は『予想収入x70%』『予想支出x120%』        これで貴方の計画に50%のブレが有っても成り立ちます。              今日のポイントです。                              差し引きしてマイナスの場合や成り立たないなら何度も計算して計画直して下さい。  農業も経済活動です。日本も資本主義経済です。農業には「まさか!」があります。

農業も自営業ですから勤め人ではないので仕事を与えてくれませんし、お給料は自ら生み出すわけですから海外生活、特に途上国で生活された方々は自分の生きる為にしなければならない事を、日々淡々と自分の頭で考えて行動する習慣があると思います。それです。 早め対応で丁度良く、生き物相手は油断すると打つ手が後手後手に回ります。

しかし、失敗は後で役に立ちます。
努力した失敗は成功の元です。
努力をしてない失敗は意味が無いです。結局の所、農業も生きる上で、経営する上で利益が出ないと続けられないです。貧乏だと周りの人々や家族が不幸です。意地っぱりじゃない出来ない事もありますが本来は余裕もって農業で続けたいです。まだまだ書けそうですかこの辺で。