農業をするとお金が貰える!?

若い(50歳未満)の日本人なら、農業を始める事で最大150万円を5年間国から貰えます。昨今の後継者不足に悩む農水省の打開策として〜農業を始めるだけで所得を補償〜される支援事業があります。ありがたいですね。更に農業を学びたい方は更に2年プラスされ支給されます。                                ご実家が農業で都会で学生してる方、進路としても検討されても良いのではないでしょうか?

その他農業漁業林業、一次産業の補助金など調べると結構あります。         一次産業について知らない方が多いので実際予算は余っているらしいです。      農業と林業の補助金については別の機会で詳しく取り上げる予定です。

それでは、                                   「農業をするとお金がもらえる!?」詳しく以下。                 

〜農業次世代人材投資資金とは〜

・準備型

都道府県が認める道府県の農業大学校等の研修機関等で研修を受ける就農希望者に、最長2年間、 年間最大150万円を交付します。

交付対象者の主な要件(すべて満たす必要があります)

就農予定時の年齢が、原則50歳未満であり、次世代を担う農業者となることについての強い意欲を有していること
独立・自営就農または雇用就農を目指すこと
親元就農を目指す者については、研修終了後5年以内に経営を継承するか又は農業法人の共同経営者になること
都道府県等が認めた研修機関等で概ね1年以上(1年につき概ね1,200時間以上)研修すること
常勤の雇用契約を締結していないこと
生活保護、求職者支援制度など、生活費を支給する国の他の事業と重複受給でないこと
原則として青年新規就農者ネットワーク(一農ネット)に加入すること

〜農水省HPより抜粋                               http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/roudou.html

色々な制約、不正した場合は返還しなければならない事もあります。         もし農業に興味がある方、始めたい方はその都道府県の農政課、市町村の農業委員会へ直接問い合わせて下さい。

(注)以下の場合は返還の対象となります

・適切な研修を行っていない場合
交付主体が、研修計画に則して必要な技能を習得することができないと判断した場合
研修終了後
1年以内に原則50歳未満で独立・自営就農又は雇用就農しなかった場合
準備型の交付を受けた研修の終了後、更に研修を続ける場合(原則2年以内で準備型の対象となる研修に準ずるもの)は、その研修終了後
交付期間の1.5倍(最低2年間)の期間、独立・自営就農又は雇用就農を継続しない場合
親元就農者について、就農後5年以内に経営継承しなかった場合又は農業法人の共同経営者にならなかった場合
独立・自営就農者について、就農後5年以内に認定農業者又は認定新規就農者にならなかった場合
(注1)交付対象者の特例
国内での2年の研修に加え、将来の営農ビジョンとの関連性が認められて、海外研修を行う場合は交付期間を1年延長する

〜農水省HPより抜粋                               http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/roudou.html

※注意 都道府県、市町村により内容が異なる事もあります。                詳細はご自身で関係省庁役場へお問い合わせ下さい。

Made by japanese

半導体原料や素材などハイテク製品を生み出し品質管理能力が高い日本国ですが、農業分野でも同じく素晴らしい農産物を数々生み出して来ました。しかし、保存性の良い米、雑穀などは相手国の関税などが障壁となって昭和、平成と、いままでは輸出が進みませんでした。阿部首相の進める農業製品の輸出促進で一気に盛り上がって嬉しい限りです。

そして「とちおとめ」、「シャインマスカット」など、日本で生まれた高級果物が海外で売れてます。しかし、日本国政府も三本の矢とか農産物輸出を掲げて後方支援の効果も上がらず、売れている殆どが外国産の偽日本ブランドで悲しい事実です。

一方、鮮度が保てない生鮮農産物輸出を促進するより、自分から進んで海外へ出て農業生産する農家の方々が結構増え、そして神田のFARMERS CAFE TOKYOへ訪れてくれます最初は「Made by japanese」達への直接日本政府の後方支援は有りませんが、リスクを背負って海外へ打って出てるみなさんの顔は活き活きしてるように見えます。中には日本政府の予算を勝ち取り更に邁進してる30代の農業経営者の方々もいらっしてワクワクします。

日本政府も輸出支援より、「Made by japanese」パイオニア達へ後方支援を行うことも少しずつですが耳にする様になりました。

天皇皇后陛下、皇室の方々も普通に英語を話し、日本の首相、各大臣ももちろんのこと海に囲まれた日本も令和になり変化を感じてます。

Made by Japanese日本! ものづくり日本!

チームワークも得意とする日本が主役となるだろう令和時代。

グローバル企業の様活躍し世界を牽引する「次世代農業日本」を夢見ている今年のお正月です。

福祉連携について

京王線「山田」八王子市にあるコ・オペレイトラボさんにお邪魔しました。

コーヒーの美味しい淹れ方のコツについて少しお話ししました。

一般社団法人コ・オペレイトラボさんは「就労継続支援B型」イルヴェントとして入所者の皆さんと手作りお弁当をの製造と販売をしてます。                 小川代表が神田カフェを訪ねてくれてお付き合いが始まり、本日は「雑穀Millet」コラボ販売、雑穀おむずびの企画、パッケージコーヒーや美味しいコーヒーの淹れ方のコツなど、ご訪問兼ねて皆さんとお話しました。                     今後イルヴェントではお弁当の他にファーマーズカフェとのコラボ商品が販売される予定で本当に楽しみです。

就労継続支援B型 『イルヴェント』東京都八王子市緑町291−5

「土と内臓 」デイビッド・モントゴメリー, アン・ビクレー

庭から見えた「自然の隠れた半分」

共同著者のデビット・モンゴメリーとアン・ビクレー夫妻が購入した家の庭、ガーデンニングについて様々な出来事に直面し物語は始まる。

ヒトマイクロバイオーム(英:human microbiome)は、ヒトの細菌叢(微生物叢)である。腸内細菌叢には、ヒトの細胞数に近い約40兆個の細菌が存在し皮膚(英語版)、口腔、鼻腔、膣などにも微生物が存在している。
2010年に欧州の研究者によって、ヒトの消化器に1000種以上、330万個の微生物の遺伝子の数があることが判明し、これはヒトゲノムの遺伝子2万5千の約150倍として注目を受けた。人類のDNAは99.9%が同じだが、ヒトマイクロバイオームでは構成が同じ人はいない。

マイクロバイオーム研究で明かされた人体での驚くべき微生物の働きと、土壌での微生物相の働きによる豊かな農業とガーデニング。農地と私たちの体内にすむ微生物への、医学、農学による無差別攻撃を疑い、地質学者と生物学者が、微生物研究と人間の歴史を振り返る。微生物理解によって食べ物、医療と私たち自身の体への見方が変わる本。

「タネと内臓」吉田太郎 著を読んで

今年のGW明けに仕事の関係で徳島県の阿波踊り空港(凄いネーミング)に到着後すぐ電話が鳴り、キューバ農業視察で大変お世話になった吉田太郎先生からの着信でした。突然でまた懐かしく嬉しく話し、その夜も旅先のホテルから私の近況報告などメールさせて頂きました。ご丁寧に送信後直ぐご丁寧に返信があり、吉田先生はしばらく体調を崩されていた事、にも関わらず精力的にご自身の病気と食の関連について「タネと内臓」の本を出版されたとの事でした。
私は直ぐに出張先で本を注文し、昨日やっと(私は読書と同時にネットで調べながら読書する人なので時間が掛かります)読み終えたので忘れないうちにまとめて感想文を書く事にしました。


本書は私にとっても「ホモ・サピエンス全史」の次に読む本として偶然にも関連があり、現代の食生活、過去の人々の腸内細菌の違い、栄養素も微生物が作り出す肥満やアレルギーや病気も微生物が関連してる事例、GM食品と種子の問題を通じ、まるで「植物の根は人間の腸なんだ〜」と気付かされます。そして吉田太郎氏が薦めるアグロエコロジーについて書かれて殆どのページが赤っかにマーカーだらけになる程、食と農業に関係する者として参考になりました。色々な文献も参照され調べられて、食や農業や健康について更に広く研究された一冊だと思いました。
私は過去北海道で大規模機械化農業を進めて来ましたがその頃に抱いた日本の農業の疑問を吉田太郎先生の多数の本書(特にキューバの有機農業や国の在り方)で学び、吉田太郎先生のご紹介で実際にキューバへ行き有機農業とアグロエコロジーについて実際の目で見て生きる為の有機農業に触れて、時代の移り変わりや農業者へ求めるモノ、農業の変化と時代と共に移り変わる様、しかし従来の百姓、小規模農家の大切さなどを学びました。何時も農業者の興味のある内容の本を出筆されています。そして本書は現代の食と農業と健康についてのトレンドが書かれていると思います。以上ザックリと書きました。詳しくは本書をお読みください。

早稲田大学キャンパスにて

水野南北氏の食について、ユヴァル・ノア・ハラリ氏のホモ・サピエンス全史と農耕文明の歩みと現代の病や原因。カフェの本棚に並べてます。
食と農業と健康にご興味のある方は是非読んでみてください。
貴方の疑問や悩みに必ず納得、発見やヒントがあります。

スマート農業Ⅱ 平成から令和へ

私の農業生産が主だった昭和から平成は農業機械を使用する立場でした。主な機械類としては、プランター、除草機、ハーベスターなどの乗用農業機械です。令和になって過去30年を振り返り、機械類の(特にアグリテックマシーン)進化、農業機械について雑感を少し書きたいと思います。

今「アグリテック」と云われる機械装置が市販化されて来てます。
又農業者の知恵や勘がビッグデータとして蓄積され、無人で作業する時代に入り、IT企業などの参入、異業種の農業参入も増え(その一部では)盛り上がってます。農業分野のIT化や進化が特に農業現場に遅れがあるからと思います。

有人から無人へ。24時間営業。

農家が寝ている間でも機械、ロボットが無人で働く、遠隔操作でコンピュータ(AI)が自ら判断し作業する未来。「令和」からその様な時代になります。

今後私はこれからの農業に必要なそれらのモノを作る側に関わることになりますが、参入する企業側と農業者側の双方が得(徳)になる様その方向へ導くことが、人生後半の役割と思ってます。

身体を酷使する農業、仮に1日あたり労働時間が8時間として機械が24時間休まず働くなら3倍の効率となり、人間は単純労働に充てて一人当り4倍の作業効率となります。   熟練技術の継承、後継者不足問題、過酷な重労働の解消に「アグリテック」が更に進化して行くでしょう。

良い意味でも悪い意味でも農業革命後、爆発的に人口増え続けている地球にこれからも人間が住み続ける以上、効率良く農業生産を増やして行かなければなりません。

’’アグリテック’’意味 〜goo辞書より抜粋〜

IT(情報技術)の導入によって実現される革新的な農業。また、それに関連するビジネスやサービス。ドローンや自動運転農機の利用のほか、ビッグデータ人工知能を駆使して生産管理・収量予測などを行う試みなどがある。アグテック。スマート農業。

「貴方の農業」そのままで続きますか?

農業。有機農業。自然農法。半農半漁、農福連携、ノマドライフ、魅力的な農業のスタイルが沢山種類分類が増えました。
農薬使わないから、化学肥料使わないから、安心安全か?へ脱線しない様、それについては別の機会に書くとして今回は「長く続けられる農業について」一緒に考えてみたいと思います。
趣味の延長で農業されている方、定年後年金受給されながら農業されている方は関係ありませんので始めにお伝えしておきます。
本気で農業したくて初めた方、開業資金を借りたり、食べるのがやっとで農閑期に派遣やバイトして何とか食い繫いで真剣に悩んでる(特に若い世代)方へ書きたいと思います。メインは農業の経済の話です。

   ご先祖様や親から引き続ぎ農業経営しても赤字倒産する農家も大勢います。   ですから新規就農者がキチッと利益を出し経営を軌道に乗せることは並大抵ではありません。他の業種でも独立開業後3年以上続けられる方は1割と聞きますし、農業は自然や相場が相手、生き物相手ですから更に難しい業種と思います。              農業の仕事内容も(百姓だけに100通り、それ以上あるのでは?)先ずは経営者でありそして簿記会計も、事務、運搬、栽培、大工、鍛冶屋、営業、マーケティング知識や、基本的な作物を育てる知識は当たり前、土壌学、気象学、市場相場も、肥料や農薬や病害虫の知識、経済活動なので燃料光熱費の節約で為替や石油相場も気になります。

要は農業はやる事が多く、私は「ひとりでやろうはバカやろう」と思ってます。    出来れば家族の協力、いや必ず①家族の協力(出来れば③友人やより強い ②同じ志の仲間)が有ると全然違います。貴方の理想とする成功への近道です。壁にぶち当たった時など相談出来る仲間、何でも話せる人は必要です。

次に、仮に家族の協力が有るとして、
農業経験が少ない場合、(家族や仲間や友人)全員が農家だけで生計を立てるのは危険です。週7日(基本生き物相手に休日は無い。でも雨の日は身体をなるべく休めるし農閑期は最高です。農業は自由業) は休まず働くので、長い目で家族や仲間の農業ライフプランを立て、不安定な農業生産プラス、自分や家族や仲間の安定した給与収入、不労収入、権利収入を大事にしましょう。少し心に余裕が生まれます。
若くして資産を築き早期リタイアされた方は良いです。伸び伸びやってる方々が多いです。笑顔だから幸運の神様も仲良くしてくれます                  さて本題です。   先立つモノ(金)は必要です。                        お金が無い苦労はホントに身に染みます。                     収支計画は「収入七掛、支出十二掛」で計画して下さい。              営農計画は『予想収入x70%』『予想支出x120%』        これで貴方の計画に50%のブレが有っても成り立ちます。              今日のポイントです。                              差し引きしてマイナスの場合や成り立たないなら何度も計算して計画直して下さい。  農業も経済活動です。日本も資本主義経済です。農業には「まさか!」があります。

農業も自営業ですから勤め人ではないので仕事を与えてくれませんし、お給料は自ら生み出すわけですから海外生活、特に途上国で生活された方々は自分の生きる為にしなければならない事を、日々淡々と自分の頭で考えて行動する習慣があると思います。それです。 早め対応で丁度良く、生き物相手は油断すると打つ手が後手後手に回ります。

しかし、失敗は後で役に立ちます。
努力した失敗は成功の元です。
努力をしてない失敗は意味が無いです。結局の所、農業も生きる上で、経営する上で利益が出ないと続けられないです。貧乏だと周りの人々や家族が不幸です。意地っぱりじゃない出来ない事もありますが本来は余裕もって農業で続けたいです。まだまだ書けそうですかこの辺で。

「サピエンス全史」(上)を農的に読む

世界的なベストセラー「サピエンス全史」ユヴァル・ノア・ハラリ著、(第2部 農業革命 104ページ〜)上下巻で分厚い本で内容も私には難しいかとは思いましたが、農業について書かれた部分に常人ではない視点で書かれていて興味深く読ませて頂きました。
世界の農業遺跡の中にパプアニューギニアの唯一の世界遺産「クックの初期農業遺跡」にも触れてあったので特に入り込めたと思います。
ウィキペディア参照→
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クックの初期農業遺跡
あくまでも主観ですが、「現代に生きる人々が思い悩む点、矛盾についてヒントになる何か」が書かれていると思いました。
大筋としては他の類人猿とは違いホモ・サピエンスだけの歴史が現代まで続いて来た事とは「虚構」によるものであり、本著はその裏付けを上下巻によって論じています。農業の始まりと農業革命がホモ・サピエンスと史の要であり、農業家としてDNAレベルで植物も動物も、そして人間まで同じ視点で書かれてる事に改めて気付きがありました。一般的に考えられている「種の繁栄と成功」とは結局ホモ・サピエンスの「虚構」から築きられたこれも「虚構」であると。

ユヴァル・ノア・ハラリの視点で物事を見てそして考える事で、農業以外でも私達現代の生き方のヒント、楽な生き方にプラスになるのではないでしょうか。
私にはそう思える本著でした。
是非機会があれば読んで見てください。神田カフェでも貸出し出来ます。

『有機農産物』表示できる農薬

有機農法、オーガニック食品と聞くと大抵の人は無農薬のイメージを持つと思います。しかし、日本の有機JAS認定に認定された農薬が存在します。天然由来の成分や鉱物、微生物、天敵、フェロモンなど最近では登録農薬も増え農薬が使える様になりました。オーガニック市場が拡大する中、オーガニック生産者が安定生産する為にも需要があるからです。過去を振り返ると、大量に美味しい(食べ易い)同じ形の野菜を生産する為にF1品種を種苗会社などが開発し世界中の生産は増えて来た一方で、化学肥料や農薬の量も増え、それらの化学物質が原因となる公害、身体に不調を訴える人、アレルギーなど問題も多々ありました。70億以上に膨れ上がった地球の人口を養って来た化学肥料と農薬は主に化石燃料(石油)から作られます。今後更に進化するオーガニック的?!な農薬や肥料に前回の記事でも取り上げた『大麻』も加わるかと思います。それは持続可能な石油の代替えになり、大麻を栽培する事で無肥料でも畑の地力も上がるからです。健康な畑では植物の病気も減り必然に農薬使用量も減ります。

最後にふと気付いたのですが、戦後強制される前までの日本は昔からある在来品種継承し、日本の伝統神事に必要な麻栽培を続けていた日本人はECOでオーガニックな人種だったんだな〜。